更年期に効果があると口コミでおすすめされている更年期サプリをランキング形式でご紹介しています。辛い更年期の乗り越え方や更年期に効果がある食べ物などもご紹介していきます。

更年期障害コラム

更年期障害と上手に付き合っていくために有効な対処方法

投稿日:

年齢を重ねるごとに体はもちろん心も変化していきます。
更年期障害とも呼ばれる症状は私たちの身近に存在し、多くの人が悩まされているのです。
そのような更年期障害と上手く付き合っていくために、どのような対処法があるのでしょうか。

どうしようもなくストレスが溜まりイライラしてしまう

更年期障害で最も多い症例の一つがイライラ感です。
何をするにもストレスを感じて、他人や物に当たってしまうなど、毎日のようにイライラしてしまいます。
この症状によって友人、家族関係が崩壊してしまい、人間関係が円滑に進まないことに悩んでしまうでしょう。

このイライラの原因はセロトニンと言われる神経物質が原因で、「幸せホルモン」とも呼ばれています。
このセロトニンに大きく関わる女性ホルモンの減少がイライラの元になっているのです。

解決方法としては、自分がリラックスできる空間を作ることです。
カルシウムやビタミンCが配合されたものを食べること、アロマを焚いてリラックスするなど、ストレスを和らげてくれる対処法で上手に接していきましょう。

夜中に何度も目が覚めて良く眠れない不眠の悩み

更年期障害の傾向として不眠が挙げられます。
なかなか寝付けないことはもちろん、夜中に何度も目が覚めてしまう、睡眠時間は十分なのに疲れが全く取れないことがあります。

原因として、抑うつや様々な不安が重なり精神的な要因で不眠となってしまうこと。
イライラの原因となるエストロゲンやプロゲステロンが減ることにより、閉経後の女性が睡眠呼吸障害を起こしている可能性があるためです。

不眠を解消するために、規則正しい生活を心がけることはもちろん、日中はできるだけ太陽の光を浴びることも大切です。
またタバコやアルコールといった刺激物を避け、就寝前には摂取しないよう心がけましょう。

下痢や便秘など消化器系の症状

下痢や便秘などの症状はストレスが原因で起きる可能性もあり、更年期障害でも起きやすい症状です。
腸の動きに需要な自律神経が異常をきたすことで、消化器系に悪影響が出てきてしまいます。

暴飲暴食を辞めて一日三食、バランスの良い食生活を目指すことで大幅に改善していくことができます。
特に腸の働きを整える乳酸菌の入ったヨーグルトといった乳酸菌食品の食べ物が有効です。
しかし、辛い物やカフェイン、アルコール類の摂取量は控えたほうが良いでしょう。

更年期障害の対策は運動と食生活で改善を目指せる

更年期障害は減少する女性ホルモンの影響から強いストレスを感じ、そのストレスが消化器系や精神面でも影響していきます。
手軽に行える対策として、毎日の食生活を見直すことや適度に運動する習慣をつけることが効果的です。
栄養価の高いサプリメントの摂取、少しでも体の異変を感じたり、症状が酷い場合は医療機関で利用者に合わせたケアしてもらうことも有効な対策方法です。

・イライラの原因が女性ホルモンの減少で、カルシウムやビタミンCを取り、アロマなどでリラックスしましょう。
・夜中に何度も目が覚めて眠れないなど不眠の場合、程度な運動を心がけて就寝前の暴飲暴食は辞めましょう。
・消化器系の問題には乳酸菌の入った乳製品を摂取して、辛い物やカフェイン、アルコール類の摂取は控えましょう。

関連記事

-更年期障害コラム

Copyright© 【2018年】人気の更年期サプリメントランキング!口コミでおすすめのサプリを比較 , 2018 All Rights Reserved.