更年期サプリの成分

「エクオール」を体内で作れない人の特徴は?効能や成分・副作用をチェック

投稿日:

最近、女性向けの雑誌やインターネット広告でよく見かけるようになった「エクオール」。

なんとなく、更年期を迎えた女性に良い栄養成分であることはイメージできても、具体的に「エクオール」がどのようなものであるか、ということについてまではご存じない方が多いかもしれません。

こちらの記事では、「エクオール」とはどんな栄養成分であり、更年期の女性にどのような効果があるのか、ということなどについてご説明します。

エクオールとは?

「エクオール」とは、女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」に、非常に良く似た働きを持つ成分です。

大豆が多く含まれている食品には、「ポリフェノール」や「大豆イソフラボン」も多く含まれているということをご存知の方は多いでしょう。

その「大豆イソフラボン」の一種である「ダイゼイン」が、腸内の細菌の力を借りて生成するのが「エクオール」なのです。

体内でエクオールを作れる人と作れない人の違いは?

「大豆イソフラボン」から、腸内で作られる「エクオール」ですが、中には大豆製品を摂取しても体内で「エクオール」を作ることができない人もいます。

「エクオール」を体内で作ることができるかどうか、ということを決めているのは、その人の腸内に、「エクオール産生菌」があるかどうかということです。

大豆製品を意識して一生懸命食べてみたけれど、あまり効果が感じられない、という人の場合は、その人の腸内には「エクオール産生菌」がない場合が多い傾向にあります。

日本人の2人に1人は、「エクオール産生菌」を体内で作ることができないともいわれており、住んでいる地域によっても違いが見られ、納豆を食べない人の割合が高い関西圏では、作ることができない人の割合が高いといわれているんですよ。

意外に感じるかもしれませんが、「エクオール産生菌」を持っているのは中高年女性のほうが20歳代の女性よりも多いという傾向があります。

20歳代の若い女性に比べると、中高年女性のほうが納豆などの大豆製品や和食を摂る人が多いことが関係しているともいわれています。

大豆製品を日常的に摂取しているかどうか、ということが、「エクオール産生菌」を腸内に持っているかどうかということを大きく関わっているという面白いデータでもありますね。

また、「エクオール産生菌」は腸内細菌の一種なので、そのときの体調によって腸内にあったり、なかったり、ということもあると考えられています。

更年期障害の改善が期待できるエクオールの効能

「エクオール」には様々な効果があるといわれていますが、特に更年期障害で悩む女性に多い症状を改善してくれる効果も期待できるといわれています。

「エクオール」を摂取することで改善されると考えられている症状には、下記のようなものがあります。

のぼせやホットフラッシュの緩和

更年期障害の症状として悩む女性が多い「のぼせ」や「ホットフラッシュ」。自分の意思に反して、場所や時間に関係なく顔がパーッと熱くなり、汗が滝のように流れるという症状です。

これらの症状の緩和に期待が持てるといわれていますよ。

肌のシワなどの改善

加齢による肌のシワなどの悩みには、女性ホルモンである「エストロゲン」が減少していることが大きく関わっています。

そこで「エストロゲン」と良く似た働きを持つ「エクオール」を摂取することによって、シワの改善効果が期待できるのです。

肩こりや腰痛などの改善

更年期を迎えた世代の女性が悩みがちな、肩こりや腰痛は、加齢による女性ホルモンの減少も関係しているといわれています。

そのため、女性ホルモンに良く似た「エクオール」を摂取することによって、これらの悩みの改善効果が期待できるといわれています。

エクオールが多く含まれる食品

更年期世代の女性にとって、頼もしい栄養成分である「エクオール」ですが、具体的には、どのような食品に多く含まれているのでしょうか?

豆乳

大豆製品を簡単に摂れる食品として、まず挙げられるもののひとつが豆乳です。豆乳には、コップ一杯に約35mgの「大豆イソフラボン」が含まれています。

納豆

こちらも代表的な大豆製品である納豆には、1パックにおよそ37mgの「大豆イソフラボン」が含まれているといわれています。

豆腐

毎日飲むお味噌汁の具材として、また暑い季節にはそのまま冷奴にして食べたりもする豆腐には、4分の1丁に対して約19mgの「大豆イソフラボン」が含まれています。

このほかにも「エクオール」が多く含まれている食品・食材としては、「きなこ」や「お味噌」などがあります。

意外にも、私たちが普段何気なく食べている食品の中にも、多く含まれているということがわかりますね。

更年期障害の改善に必要なエクオールの1日の摂取量は?

では今度は、更年期障害で悩む女性が、「エクオール」を摂取することで、症状の改善を望む場合にはどのくらいの量が必要なのかということについて見ていきましょう。

ここでもう一度思い出しておきたいのは、「エクオール」は、「大豆イソフラボン」が腸内細菌によって代謝をした結果、作られるものであるということ。

そこで、こちらでは「エクオール」の材料である「大豆イソフラボン」の摂取目安量についてご説明します。

一般的には、更年期障害の改善をしたい女性が目安に摂りたい「大豆イソフラボン」の摂取量は、1日およそ50mgといわれています。

この摂取量を前項で挙げた、各食品の「大豆イソフラボン」摂取量で調べてみると、豆乳の場合はおよそ1日コップ1杯半ほど、納豆は1パック半ほどで摂取できることがわかりますね。

エクオールに副作用・毒性はあるの?

嬉しい効果が期待できる「エクオール」ですが、身体への副作用や毒性があるかどうか、ということも気になるところですよね。

結果からお話しすると、「エクオール」には、副作用や毒性のようなものはないと考えて大丈夫です。

なぜかというと、食品から直接摂取することができない「エクオール」ですが、「大豆イソフラボン」を含んだ食品を摂る事によって、腸内に元々ある細菌によって作られるものである、ということを考えると、わかりやすいかもしれません。

エクオールが多く含まれている更年期サプリは?

「エクオール」を摂取するためには、「大豆イソフラボン」を摂取する必要がある、ということはわかりました。

でも大豆製品があまり得意ではないという女性にとって、必要だからといって、その摂取量を無理して食べるというのは辛いですし、長続きしませんよね。

また、元々体内に「エクオール産生菌」がない女性の場合は、サプリメントで補ってあげるようにするのが大切です。

以下に、「エクオール」が多く含まれている更年期の女性向けサプリメントをリストアップしてみました。

  • エクオール+ラクトビオン酸
  • フルミーエクオール
  • キレイ・デ・エクオールサプリメント
  • クオリア

他に含まれている栄養成分や、予算ともあわせて、長く続けられる「エクオール」サプリメントを選ぶようにしてくださいね!

関連記事

-更年期サプリの成分

Copyright© 更年期 サプリ 選び方|イライラ・めまい等の自律神経の乱れの症状改善 , 2018 All Rights Reserved.