更年期障害(イライラ・ストレス・不眠)の改善や更年期うつの緩和などに効果がある更年期サプリ「加味逍遙散エキス錠」。このページでは加味逍遙散エキス錠の効果がでるまでの期間や成分・副作用などをまとめて調査していますので是非参考にしてください。

更年期障害サプリ

加味逍遙散エキス錠の口コミは?効果や効能・副作用を徹底調査

投稿日:

加味逍遙エキス錠は精神不安、イライラ、ストレスを感じやすい方、のぼせ・ほてりを感じやすい方、肩がこり、疲れやすい方、不眠の悩みがある方にお勧めする医薬品です。

医療用では加味逍遙散(粉薬)として有名ですが、一般用医薬品では加味逍遙散をエキス錠として販売されているので、漢方独特のにおいや苦みは少ないので飲みやすいのも特徴です。

加味逍遙散エキス錠の特徴や効果とは?

加味逍遙散エキス錠の特徴としては、虚弱で疲労しやすく、血のめぐりの悪い方や冷え性の方、更年期障害の方にも有効であるという点が特徴の一つです。

また、散剤(粉薬)を錠剤に剤形を変えたことで、飲みやすさも改良されています。

更年期の症状には個人差があり、気にならない人もいれば、生活に支障が出るレベルで影響を受ける人もいます。主な症状としては、頭痛、不眠、腹痛、ホットフラッシュ、疲労、肩こりなどが挙げられます。

原因としては卵巣機能の衰えから女性ホルモンの分泌が減少することにより起こると言われています。

下垂体は自律神経をコントロールする役目も持っており、脳が混乱することにより自律神経にも影響が出るため、先ほどのほてりやのぼせ、イライラや不眠を引き起こすとされています。

ただその症状は人それぞれであり、あまり不調を感じずに過ごせる人もいれば、日常生活に支障をきたすような重い症状に苦しむ人もいます。

更年期障害は一般的に「閉経」を迎えるころに発症することが多いです。

女性は45歳~56歳くらいに女性ホルモンであるエストロゲン分泌量は次第に減少し、閉経の前後には急激に低下します。

閉経の時期は個人差があるものの50歳前後が一般的であり、この時期の前後10年に更年期障害を経験する人が多いとされています。つまり40代半ば~50代半ばが「更年期」と言われる期間になります。

しかし個人差があるので早い人だと30歳を過ぎたあたりで体の不調が出ることもありますし、60歳を過ぎてから更年期障害のトラブルが出ることもあります。

更年期障害は絶対的に避けることは難しいものの、サプリメントなどを利用してうまく付き合うことはできます。

更年期障害に用いられる漢方として有名なのは「当帰芍薬散」「加味逍遙散」「桂枝茯苓丸」などが挙げられます。

加味逍遙散はその中でも、比較的虚弱な人で、疲労しやすく、不眠やストレスを感じやすいなど精神症状がある方にお勧めする漢方です。

加味逍遙散エキス錠に配合されている成分一覧

加味逍遙散は当帰芍薬散の構成生薬からセンキュウとタクシャを取り、サイコ、サンシシ、ボタンピ、ハッカ、ショウキョウ、カンゾウを加えたものです。

10種類の生薬から成り立っているバランス良く配合されている漢方です。

成分 効果
当帰・芍薬(とうき・芍薬) 血液の循環を改善する生薬と鎮痛鎮痙作用があります
牡丹皮(ぼたんぴ) 消炎性の駆?血生薬です
白朮・茯苓(びゃくじゅつ・ぷくりょう) 水の流れをよくします(精神を安定させる)
甘草(かんぞう) 健胃と緩和剤としての作用
生姜(しょうきょう) 健胃と緩和剤としての作用
山梔子(さんしし) 消炎・止血・鎮静作用
薄荷(はっか) 解熱、発汗、発散作用
柴胡(さいこ) 鎮静効果としての作用

まとめると、さまざまな症状を引き起こしている方に向いた処方です。

加味逍遙散(かみしょうようさん)は「気」を下に降ろして全身にめぐらせるとともに、たまった熱を冷やします。さらに、不足している「血(けつ)」を補うことで、体のバランスを整えていきます。

とくに、肝に異常があり、交感神経が興奮したことによるイライラ、不眠症などの中高年女性の神経症状によく用いられます。

また、自律神経を調整し、イライラやのぼせを鎮めて、血行も促進します。漢方用語では「気」とは 人の体を支えるすべての原動力のようなものをさし、「血」とは全身の組織や器官に栄養を与えるものさします。

女性はとくに「血(けつ)」が心身の基本であるとしています。このことから、更年期に現れる女性特有の症状は、「血(けつ)」の不足が原因と考えています。

「気」と「血(けつ)」は表裏一体の関係で、お互いが同じ量だけあるのが理想的なバランスです。ところが、「血(けつ)」は生理の回数を重ねることで消耗し、減少していきます。

また、ストレスなどでも減ってしまいます。まさに、現代女性は「血(けつ)」の減りやすい生活をしているといえますね。

加味逍遙散エキス錠を飲むタイミング・飲み方をご紹介

一般的に漢方は食前(食べる30分前)もしくは食間(食後2時間程度)に飲むことをおススメします。

漢方薬は腸内細菌の働きによって吸収されやすく、構成生薬の成分に含まれる配糖体と呼ばれるものが腸内細菌によって分解されることにより体内に吸収されます。

つまり腸内細菌が活発していないときに服用しないと吸収されないということです。【心配な方は薬剤師に相談してみるとよいでしょう】

加味逍遙散エキス錠に副作用はあるの?

重大な副作用としては肝機能障害(発熱、かゆみ、発疹、黄疸、褐色尿、全身のだるさ、食不振等)や腸間膜静脈硬化症(長期服用により腹痛、下痢、便秘、腹部膨満感が繰り返しあらわれる)などがあります。

また、吐き気、嘔吐、胃部不快感などがある場合もあります。

上記の症状があらわれた場合は、医師・薬剤師または登録販売者に相談してください。

加味逍遙散エキス錠は公式・市販・通販どこで買うのがおすすめ?

漢方は各製薬会社によってさまざまな剤形や飲みやすさを工夫しています。また値段も様々です。まず自分のあった物を選んでほしいのであれば市販の薬局にて薬剤師さんに相談してみましょう。

通販や公式で買う場合は、指定の銘柄が決まった後に購入する場合はお勧めします。

加味逍遙散エキス錠はこんな人におすすめ

加味逍遙散は、精神不安、イライラ感じがある方、ストレスを感じやすい方、のぼせ・ほてりを感じやすい方、肩がこり、疲れやすい方、不眠の悩みのある方などにおすすめします。食欲不振や冷え性の方にもおすすめです!

関連記事

-更年期障害サプリ

Copyright© 更年期 サプリ 選び方|イライラ・めまい等の自律神経の乱れの症状改善 , 2018 All Rights Reserved.