更年期障害(ホットフラッシュ・イライラ・めまい)の改善に効果のある漢方薬「ルビーナ」。このページではルビーナの効果や成分・副作用をまとめてご紹介していますので是非参考にしてください。

更年期障害サプリ

タケダの漢方薬 ルビーナの口コミは?ホットフラッシュに効果のある成分や副作用を徹底調査

投稿日:

ルビーナは、漢方薬のタケダが販売する更年期サプリです。

ほてりやのぼせ、冷え、頭痛など、更年期特有の女性の身体の変化に、漢方の力で優しく働きかけ、明るく快適な毎日をサポート、もう我慢はいりません。

更年期サプリはいろいろあるけれど、ルビーナの魅力は?

女性の身体には、男性の身体にはない卵巣があり、エストロゲンという女性ホルモンを分泌します。

卵巣は、40歳を過ぎると機能が低下し始め、エストロゲンの分泌量も激減、身体全体のホルモンバランスが乱れ、絶妙なバランスで体調をコントロールしてきた自律神経にも影響を与え、いろいろな不調があらわれるようになる、これが更年期障害です。

40歳を過ぎた頃に表れるとはいっても、その症状は人それぞれ、抱えているストレスや生活環境によって、症状のあらわれかたはさまざま、また、症状の重さや軽さも人によって違うため、周囲の理解を得にくいのも現実です。

次々に襲い来る不調を改善しようと、ドラッグストアやネットをちょっと探してみれば、更年期の不調をケアするサプリがたくさんあるのが分かります。

その多くは、女性ホルモンによく似た働きを持つ大豆イソフラボンを配合したもの、また、自律神経の乱れに働きかける高麗人参由来の成分が配合されたものも少なくありません。

ルビーナは、そんな一般的な更年期サプリとは違い、「連珠飲(れんじゅいん)」という漢方の処方に則って開発されています。

江戸時代から伝わる2つの日本独自の漢方処方、「四物湯(しもつとう)」「苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)」を組み合わせ、自律神経の乱れと同時に、滞りがちな血液の流れや水分代謝も改善、不規則にあらわれる、さまざまな更年期の症状に素早く対応します。

更年期障害の他、めまいや立ちくらみ、どうき、息切れ、貧血などにも効果を発揮します。

ルビーナの効果は、臨床試験によって実証されています。1週間と3週間飲み続けた場合の、更年期障害によるほてりやのぼせ、冷えなどの改善率を調査、3週間の場合には95.4%、1週間でも79.2%の割合で改善しています。

不調を感じていれば感じているほど、新しいものを始めるときには、確かな効果を期待してしまうもの、ルビーナなら、期待を裏切られることはないでしょう。

気になるルビーナの配合成分は?

多くの更年期サプリに使用されている高麗人参も、間違いなく古くから伝わる効果的な漢方のひとつです。でも、ルビーナには高麗人参は配合されていません。

身体を温める処方「四物湯」のための4種類と、自律神経を整える「苓桂朮甘湯」のための4種類、合わせて8種類の漢方が配合されています。

  • 当帰(トウキ)
  • 芍薬(シャクヤク)
  • 川芎(センキョウ)
  • 地黄(ジオウ)
  • 茯苓(ブクリョウ)
  • 桂皮(ケイヒ)
  • 蒼朮(ソウジュツ)
  • 甘草(カンゾウ)

ルビーナの効果的な飲み方とタイミング

ルビーナの服用回数は1日3回、1回3錠です。タイミングは、3度の食事の直後、水かお湯と一緒に飲み込みます。

漢方薬というと、食前や食間に飲むものというイメージがありますが、ルビーナに配合されている漢方の1つ地黄は、胃腸に刺激を与えることがあり、その刺激を少しでも抑えるために、食後の服用が推奨されています。

また、飲む間隔が短くなると、身体に負担を与えることがあるため、食後に飲み忘れた場合には、次の食後まで飲むのを控えると安心です。

ルビーナの効能は、はほてりやのぼせ、冷え、倦怠感、不眠などの更年期の症状や、めまいや立ちくらみ、動悸、息切れなどを改善するもの、予防の効果はありません。

ルビーナの効果は、臨床試験によって認められていますが、この結果は3週間飲み続けた場合のものです。

まずは、20日間を目安に飲み続け、症状がなくなった場合にはやめても問題ありません。

ただし、更年期障害などの根本的な治癒ができているわけではないため、また症状があらわれることがあります。その際には、改めて飲み始めると良いでしょう。

更年期サプリのルビーナ、副作用は大丈夫?

副作用を引き起こす成分は配合されていませんが、人の身体はさまざまです。

配合されている漢方が身体に合わなかった場合、アレルギー症状や便がゆるくなる、胃が荒れるなどの不調を感じることがあります。

漢方は天然植物由来の成分ですが、処方薬や市販薬に含まれている成分との組み合わせによって、思わぬ反応があらわれる可能性がないとは言い切れません。

薬を服用している場合は、医師や薬剤師などに相談のうえ、飲み始めることをお勧めします。

ルビーナはどこで買うのが一番お得?

ルビーナは、一般的なドラッグストアなどで簡単に購入できます。

内容量は60錠、120錠、180錠、252錠の4種類あり、メーカー希望小売価格は、それぞれ税別1,280円、2,280円、3,080円、3,980円となっています。

ドラッグストアによって値引き率は変わるので、近くのお店でいくらで買えるかチェックしてみると良いでしょう。

また、楽天市場やAmazonなど、よく利用されている通販サイトでも販売されているため、セール期間を狙う、貯まっているポイントを利用するなど、お得に購入できます。

更年期サプリのルビーナ、こんな人にピッタリ!

女性としての終わりを感じる、そんな思いから、更年期障害の症状を見て見ぬふり、仕事や家事で忙しくて疲れているだけ、なんて目をそらしている女性もいるかもしれません。

つらい症状が、更年期障害によるものだと認めることは、けして恥じることでも後ろめたいことでもないはずです。

女性にとって、肌や髪の美しさは、女性としての自信と誇りをあらわすもの、そのため、いくつになってもスキンケアやヘアケアを頑張っている女性が沢山います。

しかし、女性の美しさは、白い肌や艶やかな髪だけでなく、健康な身体とはつらつとした明るさがあってこそのもの、更年期による不調で、憂鬱な気分になってふさぎ込んでばかりいては、せっかくの美しさも意味がありません。

いつまでも、元気でキレイな女性と言われたい、ルビーナはそんな人にピッタリです。

関連記事

-更年期障害サプリ

Copyright© 更年期 サプリ 選び方|イライラ・めまい等の自律神経の乱れの症状改善 , 2018 All Rights Reserved.